読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きらきらきら

毎日を楽しくするため心地よくなることを見つけましょう

ちよっと手を抜いてみよう

 

近頃の旦那さま方は家事を喜んで

してくださる方も多いようで、

ステキだなーと思います。

 

 

 

ところで、

わたしたち夫婦は共働きなんです。

でも家事はほとんどわたしがやってました。

 

 

 

旦那さまにやってほしい事があっても

なんとなーく言いづらいというか

自分がやった方が早いしキレイだし

指示するのも面倒だ、なんて考えていたな〜。

 

 

 

でもココロとカラダが、

もしくはそのどちらかが疲れてくると

ひとりで忙しくしている事に

腹が立ってくるんです。

『わたしはこんなに忙しくしてるのに

“手伝うよ”のひとこともないんかい!』

『そもそも結婚は共同生活やろがい!

なんで相方だけ自分の時間楽しんでるんだー!』

など、他にもここでは書けないような言葉が

色々とアタマを駆け巡ります。

 

 

 

そればっか考えるもんだから

怒りがだんだん大きくなって

イライラで不機嫌になります。

でも相手はなんで怒ってるのかわからない。

 

 

 

こうして書いてみると

わたしってヤな奴だなー…

(そんなわたしもかわいいけど 笑)

 

 

 

そもそも男性は女性に比べて

察することが苦手だそうです。

だからやりたい気持ちがあったとしても

何をしていいかわからないので

手を出して怒られるよりは放置する

を選ぶことが多いのだとか。

 

 

 

んなもん、適当に手ぇだしてみたらえぇやんか!

と叫びたいところですが、

自分はやることあるからと、別の仕事をお願いしてみます。

 

 

 

『わたしは洗濯物干すから、食器洗いお願い♡』

『今から食器洗いたいから、ゴミ出しお願い♡』

『掃除してるから、洗濯物を干してほしいな♡』

 

 

 

そしたらそれなりにやってくれました。

食器洗いはシンクや床を水浸しにしながら。

洗濯物干しは濡れた洗濯物を

食べ物が並んでる食卓間近で ばっさばっさ振りまくって。

あ、ゴミ出しは特に問題なかった。

(それまであまり家事をしたことない夫に教育は必要)

 

 

 

 

色々と注意したいこともあるんだけど、

手伝ってもらえたことでココロがホッとなる。

だから自分のやりたい他の仕事もはかどるし、

気分がいい方向に向きはじめました。

 

 

 

 

だれも自分ひとりで生きてるわけじゃないから

なんでもかんでも ひとりで抱えこまずに

声を出し、助けていただけるならやってもらう。

そしてそれは当たり前ではないので

感謝の気持ちと ありがとうの言葉も忘れない。

 

 

 

それまで頭では分かってたつもりの

ちょっと手を抜いてみよう

を意識し始めた生活は 

大げさだけど

だいぶ生きやすくなった気がします。

なにごとも楽しみながらほどほどに。

さて次は何の手を抜こうかなー?

 

 

 

 

出会えたことに ありがとう♡

 

 

naoko

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

口ぐせを変えてみる

 

自分の口ぐせ

意識したことがありますか?

 

 

 

たとえば

電車・バスに乗り遅れた、とか

仕事でミスをした、お気に入りの食器を割ったなど

自分にとって望ましくない出来事があると

『サイアク〜』

『ツイてないわー』

『はぁ、もうダメだー』

なんて言ってませんか?

 

 

 

何か望まないことがあっても

上記のように考えちゃダメ!

ということでは ないんです。

 

 

 

 

人間だから

そんな風に考えるのも 当たり前です。

ふと思う のは止められない。

 

 

 

ただ、それを口には出さない。

 

 

 

ナゼかというと

わたしたちの脳は

発した言葉をしっかり聞いていて

その言葉通りにつじつまを合わせようとするから。

 

 

 

一日のうちで経験する中には

失敗やイライラもあるけれど、

ちょっとした嬉しいこと、笑えること、

ホッとできることなど良いこともあるはず。

 

 

 

でも口ぐせが

『ツイてない』だったら

『ツイてないこと』ばかりを脳が探し始めます。

すると一日の終わりには

ツイてないと思える出来事ばかりが記憶に残り、

“なんか面白くなかった日”

“ただただ疲れだけが残った日”

になってしまいます。

これがどんどん積み重なると恐ろしい…

 

 

 

せっかく生きているんだから楽しく過ごしたい!

と思っている方も多いはず。

それならまず口ぐせを変えてみるのはいかがですか?

 

 

 

時間に間に合わなかった時は

『こんなこともあるよね〜』と言ってみる。

 

仕事でミスしちゃった時は

『完璧じゃないこんな自分もかわいい』

と言ってみる。

 

大好きなモノが壊れた時は

『次のお気に入りに出会うためのサヨナラだね。

今まで本当にありがとう』

と言ってみる。

 

 

 

こんな言葉を使うようになってから

それまでの焦りやイライラ、

ショックを受けてた時とは違って

まずココロが少しだけホワっとします。

 

 

 

そうすると不意に

次の行動プランが思い付いたり

他から助けが差し伸べられたり

嬉しくなることが起きたりするようになってきました。

 

 

 

 

そんな ありがたいな〜 と思える出来事が増え

一日の終わりには『今日も良い日だった』と眠れる。

この積み重ねでわたしは

『自分はツイてるなー』

『幸せなコトがたくさんあるなー』

『生きるってすごく楽しいんだなー』

と感じるように変化してきました。

 

 

 

 

口ぐせを変えてみる

わたしと一緒に騙されてみませんか? 笑

 

 

 

 

出会えたことに ありがとう♡

 

 

naoko

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分のカラダに触れましょう

 

今日ふと本屋さんに行きたくなり、

夫がショッピングモールに行くと言うので

一緒について行き、念願の?本屋さんへ。

 

 

 

そこで見つけたダイエット本ですが、

自分のカラダに触れて

マッサージしながら痩せる

というもの。

 

 

 

そういえば

去年の始めにやろうと決めていた、

“真っ裸になって全身を鏡で見ながらもみほぐす”

 

 

 

これ、

半年経たずにやめてしまったのを思い出しました。

てへっ。

 

 

 

 

できれば全身をくまなく触りながら

ツボを押したり

気になるところをマッサージするのが理想的。

 

 

 

でも、

体調だったり感情だったり予定だったり…

色々起伏があるから

毎日 触っていられなかった。

そして全裸になるのが面倒だった。

 

 

 

しかし体型は気になる…

ならば

思い出した時だけ服の上から触ればいい!

という ゆる〜い考えで

ふたたびチャレンジ。

 

 

 

このところ顔の輪郭のもたつきが気になるので、

化粧水と美容液つけるときに

『スッキリ、シュッとしたラインになれ〜』

『いらない老廃物は流れていけ〜』

『どんどん美しくなれ〜』

ど言いながら手のひらを使い軽〜くマッサージ。

 

 

 

鏡をみると

あれ?なんかシュッとしてきたかも…

(気のせい)

 

 

 

 

ウエストにクビレが欲しいので、

トイレで座った時

お風呂に浸かってる時

家事でちょいとヒマができた時に

『細くなれ〜』

『どんどんクビレ出ておいで〜』

と言いながら手をウエストラインの腰側から

お腹側に脂肪を持ってくるようにして、

太ももあたりに流す。

and

『お胸もふっくらしましょうね〜』

とか言いながらお腹の脂肪をお胸にも送る。

(ウエストも胸も変化なし←当たり前か)

 

 

 

 

これを続けたら

いつかきっと

ボンキュッボン間違いなし!

…かどうかはわかりませんけどね。

 

 

 

手を使い、

ついでに言葉をかけながら

自分のカラダに触れましょう

 

 

 

そうすると

カラダは必ず反応してくれる

と、ダイエット本にも書いてありました。

 

 

 

ダイエットのみならず

自分のカラダに触れることで

違和感や痛みなどを通して

不調が伝わってきたりもするそうです。

 

 

 

 毎日毎日毎日毎日

動いてくれているカラダに

『いつも ありがとう』

と感謝を言葉に出して

お気に入りのボディークリームをつけて触れるなら

ホッとリラックスできるし

自分を大切に扱っている証にもなるな〜

と、本を読んで改めて思い返しました。

 

 

 

一度ストップした習慣だけど

また今日からはじめてみようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 出会えたことに ありがとう♡

 

 

naoko

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆっくりを心がける

 

ここ数年で思うことなんですが

わたしはだいぶ早口なのでしょう。

それに口と舌が追いつかず

かなりの頻度で滑舌が悪くなり

噛みます。

ここ一番のオチで噛みまくりです。

それが悩みでもあります。

 

 

 

なぜこんなにも焦るのだろう。

 

 

 

おそらく、

自分の話を聞いてもらうのに

相手の時間を奪っては申し訳ない

との思いがあるんじゃないかな

なんてことを考えてます。

 

 

 

もともと自己主張がなく

小学校低学年の三者面談では

必ず 先生から

“おとなしすぎるので

もっと率先して自分の意見を言うように”

と毎回 言われてました。

(んなこと言ったってさー

特に自分の意見はないし、

思いつかないんだから仕方ないじゃーん

…と内心 考えてたのを今 思い出した)

 

  

 

ただ、先生に言われたことがきっかけで

自己主張しないのは悪いこと

それができないわたしは価値がない

と勝手に自分で擦り込んでしまった。

 

ゆえにわたしの意見や考えは

他の人と比べ 大したことはないので

言うのが恥ずかしい、

時間をかけてはいけない、

となったのかもしれません。

 

 

 

今となっては

幼いわたしの可愛い個性だったのさ〜♪

なんて楽観視できますが、

当時の考えの影響が

大人になっても出てることに驚きです。

 

 

 

 

ま、早口でも正直そこまで問題ない。

でも、

わたしが目指す大人の女性が かもし出す

優雅な上品さには ほど遠いのです。

 

 

 

個人的な意見ですが、

早口で何を言ってるかわからないひとに

必要以上に近づきたいとは思いません。

だって言葉を解読するのに神経使うから。

 

早口が相手をホッとさせるとも思えません。

なんか急かされてるように感じるから。

 

 

 

だったらどうしたらいいか?

 

 

 

無意識を直すためには

意識的に

ゆっくりを心がける

たったこれだけ。

 

 

 

 

なにごとにも 時間にゆとりを持ち ゆっくり取り組む。

自分の中のせっかちさんが出てきても

慌てず焦らず、

“ゆっくり〜 ゆっくり〜”

と唱えてみる。

こうするとココロが落ち着いてくるので

動作も口調も柔らかくなってきます。

 

 

 

 

まだまだ自分の描く優雅な上品さには達しませんが、

自分も周りもホッとさせれる人になれたらいいな〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

出会えたことに ありがとう♡

 

 

naoko

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も美しいね、と言ってみる

 

みなさまはご自分に向けて

ほめ言葉をかけてあげてますか?

 

 

 

わたしはなかなかこっぱずかしくて

できてませんでした。

 

 

 

だって

ほめることなんて見つからなかったから。

 

 

 

自分のできてないことは

すぐに浮かぶのに

できてることって…

いったい、ナニ?

あの人はあんなにスゴイ。

でもわたしなんて…

 

 

まわりが眩しくて

自分の至らないとこばかり目につく。

こんなわたし、イヤだー!

 

 

 

ずーっとこんな考えでした。

 

 

 

 

でも

自分をいじめるのはもうやめよう

と決意してからは

思いついた時

ひたすらほめてみました。

 

 

 

朝おきて鏡に向かい

「今日もキレイだねー」

「肌がツヤッツヤだよー」

「いやん、わたしすごく美しいわー」

とまあ、はたから見たらアブナイ人ですが

とりあえずひとりのときに言い続けてみたんです。

 

 

 

すると少しずつ

キレイになってきた!

…気がする!

(気のせいでもこの際かまわん 笑)

しかも身近な人から

「naokoさんはキレイだから」

とか言われたーーーっ!

 

 

 

これをいいことに

今もなお言い続けてますが、

肌の調子もよくなってきてます。

 

 

 

例え調子悪くても当然ほめます。

浮腫んでたら

「肌ピチピチだよー」

疲れた感じでげっそり見えても

「なんか痩せてキレイになってきたわ〜」

こんなふうに

なんでも自分に都合よくほめまくりです。

 

 

 

すると、なんと言うことでしょう。

あんなに自分を過小評価しまくってたのに

最近では

みんなスゴイけど、わたしもスゴイ!

と言えるようになりました。

これだけでもかなりの進歩。

(決してごう慢さ を推奨してるのではありません。

自分を卑下するのをやめて、

自分の価値を自分で認めてあげましょう)

 

 

 

人からほめられなくても

どうかあなただけは

ご自分の味方でいてあげてくださいね。

 

 

 

そして

今日も美しいね〜と言ってみる

(男性なら、今日も男前だな〜 かな?)

と、内面も外見も

少ーしずつ何かが変わるハズ。

 

 

 

 

一緒に自分をほめる習慣はじめてみませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出会えたことに ありがとう♡

 

 

 

naoko

 

 

 

 

いい気分で過ごす

 

去年あたりだったか

いい気分で過ごす ことの大切さを

知りました。

 

 

 

自分がいい気分でいることで

周りに放つ雰囲気も良くなる。

 

そして

起きる出来事のとらえ方も

ゆる〜くおおらかになる。

 

そうすると

今まで同じような出来事があったときとは

違った見方ができるようになる。

 

こうなると

とてもおだやかなキモチに満たされるので

コップから水があふれるように周囲に優しくできる。 

 

 

 

まあ、ざっくりこんな感じで

自分の中でとらえていました。

 

 

 

 

 

 ただ…

最初この “いい気分” てのが

どーもわたしにはよく分からなくて。

 

 

カラダもココロも絶好調なときの

ヒャッホーイ♬なテンション(どんなテンションだ)

に無理やり持って行かなきゃならんのか?

と考え、

体調やメンタルの浮き沈みが激しいわたしは

毎日そんなんできないー 涙

と思ってました。

 

 

 

しかーし

そんな大層なことじゃなく

今の「この瞬間」の気分

ちょっとでもホッとさせてあげる

 

 

これだけでいい と教えてもらったので

さっそく行動してみることに。

 

 

 

 

たとえば

今日は本来なら実家に行く予定だったのに

朝起きたらカラダが だる〜んとしていて

まったく行く気分になれないどころか

なーんにもする気にならない。

 

 

 

 

以前のわたしなら

「決めてたことだからしんどくても行かなくちゃ!」

 「両親も楽しみにしてくれてるハズだし…」

「勝手に予定変更したら申し訳ない」

 と考えて無理やり行動してました。

 

 

 

 

でも気分優先の今は

朝一番から『今日は家で まったりしたい!』

との自分の思いをしっかり感じたので

「家でゆっくりしたいから今日は行けません」

と両親に連絡し、部屋着でのーんびり。

 

 

そんな自分にご褒美のつもりで

茶葉から紅茶を入れます。

(普段ならティーパックでちゃちゃっと終了です)

 

 

しかも自宅にある中から

その時 飲みたいと思った

ルピシアさんのキール・ロワイヤルという

シャンパンとカシスリキュールのフレーバーteaを選ぶ。

 

 

紅茶の香りに満たされつつ

これまた内側から出てきた

美味しいパン食べたい を満たすため

買ってあったバターたっぷりの

ミニクロワッサンを4個食べました。  げふー♡幸せ〜

(↑これ旦那さまの分まで食べちゃいました。

あははー  ごめんよ、旦那ちゃん☆    

今度また買ってくるからね〜   ←反省なし)

 

 

 

 

こんな感じで自分を満たしてあげました。

わたし、もー、幸せ感 ハンパないです。 

 

 

 

すると

朝はなーんにもする気にならなかったのに

さらに自分の気分を良くしたくて

キッチンカウンターの上に放置してた

食材やもらった缶コーヒーなどを片付けはじめ

見た目スッキリ。

 

 

これでまた自分の気分が良くなりました。

そして

なんか幸せ〜 にひたってます。

 

 

 

 

 

こんな積み重ねで

日々 良い気分を味わっていくと

自分から かもし出す雰囲気は

ほわ〜っとした温かいものになる。

 

 

それまで キ〜〜っ‼︎ となってた出来事も

そーゆーこともあるわなー ♪

と楽観的に考えることができるようになってきました。

 

 

ということは

コップから水があふれるように

身近な人に優しくなれてる…のかな?

いや、優しくしてる!    ハズだ!!

(だって〜  職場の人に〜

naokoさんの笑顔にホッとさせられてます

って言われるし〜♪  ←ポジティブ思考)

 

 

 

 

 

そんなこんなで

いい気分で過ごす

ことは周りに与える影響が大きいんだな

と感じるこの頃です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出会えたことに ありがとう♡

 

 

naoko

自分のカラダの感覚を大切に

 

わたしは小さいころから

トイレをガマンするのが得意でした。

 

 

朝起きたとき、

そして次のトイレタイムは

寝る前、

なんて ザラにありました。

 

 

多少 

トイレいきたいかも

と うっすら思っても

他ごとに没頭すると

そのうち忘れてしまう。

それに

やりたいことがあるのに

トイレ行く時間がもったいない

と考えていた気がします。

 

 

ただ、ガマンし過ぎて

ちょいモレ

もしくは

本気おもらし

なんかも小学生のとき経験ありです。

…どさくさ カミングアウト 失礼。

(ごはん中の方 ごめんなさい)

 

 

とにかく

なぜかわからないけど

ガマンするのが当たり前

と無意識に考えていました。

 

 

そんなわたしは

ときどきやって来る偏頭痛に悩まされましたが

「今日は体調悪いのかな?」

「寝不足かな?」

と適当に考えていたのですが

だいぶ月日が経って

また偏頭痛がおきたとき

友達から

「水分が足りなくて頭痛をおこす人いるから

この水飲めるだけでいいから飲んでみたら?」

と500mlのペットボトルを渡されました。

 

 

 

それまでのわたしが飲んでいた水分といえば

ごはんの時に飲む お茶もしくは水、

のどがカラカラになったら飲む ジュースやお茶、

と 最低限しかなかったのですが

あまりの頭痛に耐えかねて

ゆっくり時間をかけながら

500ml一本を飲み干しました。

 

 

 

もうね

お昼食べたあとだったからお腹パンパン。

ちょっとしゃがんだら

上から出ちゃうキケンと闘いつつ

(ふたたび ごめんなさい)

午後からの予定をこなしてました。

 

 

 

当然ながら水を飲んで10〜20分たつと

トイレに行きたくなってきます。

もうガマンなんて絶対ムリなくらい

にょ〜い☆ がハンパないわけです。

(みたび ごめんなさい)

で、トイレにいくごとに

だんだん頭痛もスッキリしてきました。

 

 

 

なのでその時のわたしの頭痛は

友達の言ったとおり

水分不足だったのでしょう。

 

 

 

このことがキッカケで

わたしは意識して水分をとり

「起きてるときの二時間に一回は

そんな気はなくてもトイレに行くように」

という友達のススメに

できるだけ したがうようにしてきました。

 

 

 

おかげさまで今は

ほぼ偏頭痛はなくなりました。

(これはすべての偏頭痛に対応するものではないそうで、

ひどい偏頭痛の方や水分取ると体調悪くなる方は

勝手に判断なさらず お医者さまにご相談下さいね)

 

 

 

この出来事からわたしが学んだのは

トイレに行きたい

のどが かわいた

これら自分にとって小さく思える

カラダの内側からくる感覚を無視しつづけると

すぐにではなくとも

いつかは 痛みとしてあらわれる

ということ。

 

 

 

当たり前なことかもしれませんが

できていない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

「この仕事がひと息つくまでガマンしよう」

「今の雰囲気をこわすのは申し訳ないからガマンしよう」

 

 

こんなふうに考えるクセ

今でもわたしは 無意識にでてきます。

 

 

 

が!

気づいたらそのたびに

カラダの感覚に耳をかたむけ

本当はどうしたいのかしっかり向き合う。

 

 

そうやって

自分のカラダの感覚を大切に

していきたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

出会えたことに ありがとう♡

 

 

naoko